とある果実の体験記録

ゆっくりしていってね

7月18日カード調整(主にロイヤル)考察

 

ミッドレンジロイヤル大打撃ということでサクっとだが書いていく。

 

 

 

f:id:pain_0907:20180713194758j:image

 

f:id:pain_0907:20180713194808j:image

 

f:id:pain_0907:20180713194821j:image

 

 

 

ワルツナーフはかなり痛い。

 

まずこのゲームは尻1がとても弱い。

パッと思い浮かぶだけで書いても

フェアリーとトレード

茨でトレード

マジミサの的

刃ネズミとトレード

スノプリとトレード

操り人形とトレード

これだけ不利な要素がある。

しかも上に挙げた例の全てが現環境に居るクラス。

トレードされやすいというのは盤面が強いロイヤルにとって論外な話である上に、新弾で疾走2種類配布によって顔を詰めて勝利するというパターンも増えたロイヤルにとって頭2点が取られやすくなったというのはリーサルを見据える点から見ても大打撃だと思う。

 

ウィッチ、人形ネメシス、アグロエルフ死亡により浮上してくるであろうミッドレンジエルフがカード調整ノータッチだから盤面勝負は今までよりキツくなることが予想できる。

 

幻惑の奇術師がナーフされたとき多くの人が「尻1になったところで変わらない」と言っていたのを思い出します。ワルツの打撃はすぐに現れるはず。

 

しかしながら、チョイス先は依然強いままだから採用されなくなることはまずないでしょう。

 

 

 

白黒エンハンス8も大打撃である。

5,6ターン目のプレイングが難しくなる。今までの白黒は6ターン目に4+2の動き、7ターン目に3+4の動きができたのが強みだと個人的には思う。この頃になるとリソース不足で手札が枯れてることが多いのも強かったことに拍車をかける。環境に多いエルフ、聖獅子、ウィッチに対してマグナスで圧をかけることはとても大事なことだった。

ナーフ後は6ターン目のために5に開くか、7ターン目のだに6で開くかなどのプレイングの難しさが発生するのが1番嫌なところ。8ターン目は便器、RISM、ドラゴンナイツと択が沢山あるのでここもプレイングが出ると思われる。

 

使いづらくなるとは思うがこのカードも採用されなくなることなないだろう。

 

 

 

総括としてロイヤルはプレイングが難しくなったと言われてたのに更に難しくなる…というところ。ロイヤルを好んで使う自分としてはとても残念。2枚ともおかしい性能だったから不満は全くありませんがね。

 

 

 

TNKは適正コストになったが環境から消えることはないでしょう。援護射撃がガチになったように、TNKもまだまだやれると思う。

 

封じられた法典はチョイスで使うほうが絶対強いと個人的に思ってる。ナーフ後は脳死で直に置けないため、脳死で置いていた人にとってはある意味強化(?)なのかなと。だけど余った1コスでしか直に置けないとなると、使いにくくなりそうではある。

 

イピリアは知らん🙄

 

巫女は戻ったところでランプドラゴン復権はないでしょう。今のアグロロイヤル,OTKエルフは速すぎる。

本気でランプを復権させるならバハムートやグリームニルを戻す必要があると思う。

 

 

 

ロイヤル、どうなってしまうのか不安もあるし楽しみです。

それでは👋🏻